アダルト動画で個人撮影モノは結構多い!

■セクシー女優では満足できない男性のために

アダルト動画サイトを見るとロリ系から熟女ものまで、幅広い女優の出演している作品がみられます。 しかしこのような作品ではもはや満足できないという男性も多いかもしれません。 女優の作品の場合、何か仕事をこなしている感があって、なかなか感情移入できない、集中できないという人も多いのではないですか? 女優の中には一生懸命演技をしている人ももちろんたくさんいます。 しかしそれが誤った努力になっているケースも少なくありません。 例えばカラミの時に派手に乱れすぎて、ちょっとコメディな感じになっている作品もみられます。 そうなるとせっかく勃起していたペニスも萎えてしまってどうしようもなくなることもあるでしょう。 リアルさを追求したい人の間でアダルト動画の中でも人気が高い個人撮影モノがあります。

■クオリティの落ちるところが逆に魅力

個人撮影モノは、プロのカメラマンが撮影しているわけではもちろんないです。 しかも音声についても専用の器具を使っているわけではなく、ビデオカメラについているマイクを利用しているケースがほとんどです。 このため画質についても音質についても、本格派の作品と比較すると何枚も落ちます。 しかし個人撮影をアダルト動画サイトで鑑賞している人は、「そこがいい!」という意見が多いです。 出来上がった作品ではなく、いかにも素人が撮影している感じの出ているところがリアルで興奮するわけです。 個人撮影の作品を見ると、自宅でプレイしているものも結構みられます。 ホームスタジオで撮影しているAVモノもありますが、モデルルームのようで非日常的で無機質な感じがします。 しかし個人撮影の場合、本当にそこで人が暮らしている生活感があって、リアリティが格段にアップするはずです。 ■今では手軽に撮影できる時代 1980年代に入ったころから、自分で個人的な撮影ができるようになりました。 ホームカメラが販売されるようになって、素人でも簡単な撮影ができるようになったからです。 ビデオレターが登場したのもこのころです。 さらに片手で撮影できるようなカメラなども出てきましたし、近年ではスマホを使って動画撮影も可能です。 このように誰でも撮影ができるようになったことで、エロ動画の世界も変化していきます。 プロの手による作品だけでなく、素人の制作した個人撮影モノもアダルト動画サイトに投稿できるようになって、多くの人が視聴できるようになりました。