新人少女とスク水プレイ

ある夏の日の風俗

あれは暑い夏のことだった。
あまりにもヒマ過ぎてネタ探しに風俗でも使ってみるかと携帯をポチポチ
昼過ぎぐらいだったからか、今すぐ来れますっていう嬢が充実していた。
ちなみに昼頃の風俗って「新人率」と「体験入店率」が高い。
何故かというと、風俗任れてない新人が
最も利用者が多くなる夜に働いてしまうと辞める率が格段に上がってしまうからだ。

やはり俺の自論通り新人率が高い。
さらにオナクラとかマッサージ系はサービスが軽いから新人の中でもウブな子が多い。
俺はクソ暑いのを吹き飛ばしてくれる純粋な子を選ぶために比較的ソフトサービスな店を選んだ。
さらにウブさを盛り上げるためにスク水コスプレを頼んでみた。

感度抜群の彼女

ホテルで待ってるとやってきたのは自論通りドンピシャなウブガールだった。
黒髪で化粧も薄い現役の女子校生って感じ(笑)
そんなに回数もこなしていないようで緊張していたが、一生懸命話を聞いていたら笑顔を見せてくれるようになった。
うん。笑顔もカワイイ。
そろそろプレイを始めましょうと切り出した彼女は、俺がシャワーを浴びてる間にコスプレに着替えますと言った。
シャワーから出るとバスタオルにくるまってモジモジしている彼女。
一緒にベットに入りキスから始める。
ビクッと体を震わせたが、吐息は漏れる・・・感度が良いようだ。
これはイケるなと確信した俺は新人相手にリスクが高いがあれを実行に移すことにした。

ついに成功

キスはソフトまでという決まりだったが、体を撫でながら少し舌を絡めてみると
ちょっと戸惑いながら舌をチロチロだしてきた。
バスタオルをはがすと俺がリクエストしたスク水。
せっかくスク水着てるし「イメプレしてみない?俺が先生で君が生徒」と提案すると意外にも「イイヨ」と快諾
彼女に覆いかぶさり「特別授業だ」と言いながら乳首に指を這わせると
恥ずかしそうにしながら「せ・・・せんせい・・・」とノッてくれた。
やはり感度がいいようで下半身をモジモジさせていたので「内緒にするから水着の上から少し触っていい?」と言ったら小さくうなずいた。
もちろん水着の上からだけで済むわけがない。
アンアン喘いてる間にこっそり指を中に入れ乳首を舐めた。
新人は断られる可能性が高いが、こっちのペースに持ち込めばデキる可能性も高い。
ゴム着けるって言って本番エッチさせてもらった。
最初はヤッちゃったって顔してたけど、何回か指名するうちに本番にも慣れたのかあっちからおねだりするようになった。
もちろんコスプレしてイメプレが鉄板だけどね(笑)